2010年04月23日

「郵政法案は改革逆行」=自民・幹事長(時事通信)

 自民党の大島理森幹事長は20日午前の記者会見で、亀井静香金融・郵政改革担当相らが概要を発表した郵政改革法案について「改革逆行法案だ。『官から民』という流れは成長戦略においても大事な基本だ。昔の公社に戻す法案だと言わざるを得ない」と批判した。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

地下は雨水調整池 区立公園開園(産経新聞)
留置者名記載の文書落とす=廃棄せず、駅改札で−兵庫県警(時事通信)
医療データベースの数値目標を了承―厚労省懇談会(医療介護CBニュース)
<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)
琉球泡盛残波 初栄冠 ちゅーばーL
posted by アリマ テツオ at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。